2011年12月14日

DIG YOUR K-HOLE



お値段以上のサービス、悪戯心、そして身長でお馴染みのラストサムライ難波裕二が営む気の置けない旬鮮BAR武士道にて、好きが高じて33歳にしてコピーダンスまで始めたGeeおじさんことTarantulaと、真保時代の新メンバー自称SunnyことSallyがお届けする韓流飲み会冬場所。第一回はキムチチゲを頬張りながら、12.14にリリースされる少女時代待望のライヴDVD作品「JAPAN FIRST TOUR GIRLS' GENERATION」及び極秘ルートで入手した最新PV等、K-POP関連映像を巨大スクリーン&5.1chサラウンド上映。更には、TarantulaとSallyによるトークセッション及びダンスレッスン等、K-POPの魅力を紐解き冬のアナタを天国の階段へと誘います!

※尚、本編終了後は通常のDJ BAR営業となりますので、ゴキゲンなダンスミュージックと旬鮮を肴に、ごゆっくりとお楽しみ下さい。


dj_put_it_back_on.jpg

■Date
2011.12.17 (Sat)

■Title
DIG YOUR K-HOLE

■Place
旬鮮BAR武士道 (ウェルシア曙店隣)
〒940-0832 新潟県長岡市曙2丁目3-15
0258-39-7020

■19:00 Open

■Charge
1500円 (with 1ドリンク & Free キムチチゲ)

■Cast
Tarantula (DJ / Talk / Dance)
Sally (Talk / Dance)
manabu (DJ)
nami (DJ)


大きな地図で見る
posted by Tarantula at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Party info. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

地獄へ道連れタイムテーブル & 地獄へのアクセス。






新旧 All Good Dance Music Party、それがWORKIN' WORKIN'。
「GALBITCHの生存確認編」まで、残すところ数時間となりました。
HARDな二人以外にも、腹を括っていつもと違った引き出しを開けるであろうアダチマコト。
カラスの学校LONDON NITE留年中のIZUMIも、今宵アナタのキンタマ揺らします。

GALBITCH IS DEAD?GALBITCH IS ALIVE?真実は、ダンスフロアで目撃セヨ!!


>>Time Table
22:00 アダチマコト
23:00 IZUMI
24:00 GALBITCH
01:00 Tarantula
02:00 SoccerBoy
03:00 GALBITCH
04:00 ????????

___


※遠方よりBAR NULOへお越し頂く方への、一番分かり易いアクセス方法。

国道8号線から燕三条駅へ向かう交差点へ曲がり、そのまま右手にアメリカ屋、県央イオン(旧SATY)を
見ながら直進し、右手に昭和シェルGS、左手にセブンイレブンが見える交差点を左折して直ぐ見える
「ミナミビル」という不思議な雑居ビルの二階です。


■BAR NULO
〒959-1232
新潟県燕市井土巻2-23 ミナミビル2F
TEL : 0256-46-0268
http://nulokenoh.blogspot.com/


大きな地図で見る
(華炎ていうラーメン屋の並びにある不思議な雑居ビルの二階です!!)
posted by Tarantula at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Party info. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

ロマンティスト vs ロマンティスト with ロマンティスト。

 長野のMACが長い沈黙を破り、YATTのMixCDリリパとして久々に99% MEGA DANCEを開催した昨年6月、ノリでSoccerBoyとGALBITCHと僕で遊びに行った。その日、長野駅前のBOOKOFFで中古CDを買い漁った彼等が、パーティーのラストにCDJでそれらを用いてB2Bを披露することになった。普段、PCDJユーザーの二人がCDJでB2Bするだけでも面白いのに、一番驚いたのはGALBITCHの精度の高さだ。見る見るBPMを合わせクイックに繋ぎ、一時期彼がヘビープレイしていた「能動的三分間(オリジナル)」を、ドンピシャのタイミングでサビからクラッシュさせる十八番芸を手動で再現する等、すました顔で普段のPCDJ時と何ら変わりの無いプレイを披露していた。実はそんな彼にも、昔はレコードを使い一発録りのMixを毎日のように録り直していた時期があったそうだ。その頃の地道な努力がスキルに昇華され、ターンテーブルからScratch Liveという強力な武器へと継承された今も尚、その斬新且つ大胆なアイディアと共に日々アップデートを重ねている。と言ったら、恐らく本人からは「過言」と言われるだろう。何しろ、彼は謙虚だから。

 HARDと言えば、東京の鉄板DJ達により構成されたラインナップと全員サッカーな進行も魅力的だが、やはり色んな意味であの小さな箱で開催していることも大きな魅力だと思う。例えばGALBITCHがココイチ的にプレイする岡村靖幸にしても、新潟で200人以上収容できるPRAHAと小箱のSOFTとでは、個人的に全く聞こえ方が違ったものだ。楽曲の性質を考えた「大箱 / 小箱向き」な選曲云々以前に、言い方を変えれば人一倍にロマンティスト集団であるHARD構成員達のストーリー性やメンタリティー等を、その表情一つ取ってもあの至近距離空間でよりダイレクトに感じることが出来るからだ。因みに7月のHARDで最も印象に残っているのは、パーティーの最後にGALBITCHが鳴らしたこの曲だった。



 前日、大雨洪水により散々振り回された為、途中で完全に電池が切れてしまった僕も一気に目が覚めた瞬間だった。終演後「あの曲、岡村さんがライヴの終盤でよく歌うんですよ」と何だか嬉しそうに話していたのを覚えている。そんなGALBITCHを新潟で迎え撃つポジション不明な我らがキャプテン、SoccerBoyも自称「アグレッシブでラディカルなロマンティスト」である。県央にNULOというキャパ僅か50人程度の小さな箱が誕生してから、遊びに行く度に僕が好きなDJ達があの小さなダンスフロアでプレイする姿を思い浮かべるようになった。勿論、SoccerBoyもイメージが理想とマッチし、そしてその理想を最高の現実へと変換してくれたマイ・ヒーローだ。これまでに彼を、PRAHAやREGNOで見たことがある人にとっても、10.22の彼はいつもと違って見えた(聞こえた)のではないのだろうか。12.3のGALBITCHに関しても、同様の印象を与えることが出来るかもしれない。彼のロマンティシズム、人間臭さ。それらを赤裸々にするもしないも、我々レジデント勢、そして至近距離でレスポンスを送るダンスフロアの皆さん次第。詰まりは僕がNULOでやりたいのは、そういうこと。

また沢山の夜遊び人達と一緒に、朝を迎えることが出来れば良いなぁ。

___


12.3_omote2.jpg

2011.12.03 (Sat)
WORKIN' WORKIN'

at BAR NULO (県央)

START 22:00
LIMITED ADV. 2500yen (w/1Drink)※
DOOR 3000yen (w/1Drink)

SPECIAL GUEST DJ
GALBITCH (ROC TRAX / HARD)

DJs
SoccerBoy (HARD / TK450)
Tarantula (WORKIN' WORKIN')
IZUMI (WORKIN' WORKIN')
アダチマコト (Sloth / infinity)

___


※前売り予約をご希望の方は、txxxxxxxa@gmail.com宛てに、お名前と枚数を明記の上送信して下さい。こちらからの返信をもって予約成立となります。携帯電話をお使いの方は、PCからの受信設定等をご確認の上ご予約下さい。予約限定枚数に達し次第、当日券の販売を中止する場合が御座います。 BAR NULO店頭でもご予約承ります。

___


galbitch2.jpg
■GALBITCH (ROC TRAX / HARD)
CATCHY IN THE DARK〜それはPLAY STYLE/楽曲制作を通じて捉えることの出来る彼のスタンスそのものである。ソリッド←→ポップな感性を、クイックミックステクニークでディスコティークに織り重ねてゆく確信犯的な表現姿勢&イケてる髪型と謙虚さで現在のシーンを彩る面々から高く支持される前髪ロックスター。


SB_pic1.jpg
■SoccerBoy (HARD / TK450)
近年は光栄にも様々な土地へ出向いての公演も増えてきている、アグレッシブでラディカルなロマンティスト。ジャンルや思想の横断、または縦断など、いろいろなことに現場やネットでトライして、成功や失敗をしたりしている。DJ若しくは歌を唄ったり等。
http://flavors.me/japanesesuperhero/

___


■BAR NULO
〒959-1232
新潟県燕市井土巻2-23 ミナミビル2F
TEL : 0256-46-0268
http://nulokenoh.blogspot.com/


大きな地図で見る
(華炎ていうラーメン屋の並びにある不思議な雑居ビルの二階です!!)
posted by Tarantula at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Party info. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

自称、上信越ツアーファイナル。

本日11.25は、長野市FAMEの看板ヨゴレ娘AYA★ちゃん主宰の月一踊りっぱなしダイエットパーティー「Shapes!!」でDJします。AYA★ちゃんのDJは今夜初めて聴くので解説のしようがありませんが、初めてFAMEへ遊びに行った際、バイト中の彼女がグラスを片付けるフリをしてそのままフロアで踊る姿を目撃したので、きっと楽しいパーティーなんだと思います。何しろ彼女のblogタイトルも「Aya★のHappylife♪」ですしね。毎日楽しくてしょうがない娘なんだと思います。そして、もう一人のゲストであるHAMAAR君は、昨年10月にMAC主宰の99% MEGA DANCEで共演したり何度かプレイを拝見しましたが、楽曲が素で鳴っている時間が少ないロングミックス主体のグルーヴ番長であり、ハメ上手な技巧派なので気が抜けない存在です。自身主宰のFosburyでは、Lobstag、Eccy、DJ RS等新進気鋭のDJ達をイチ早く長野へ招聘し、現在進行形でシーンを盛り上げている重要人物の一人でもあります。以前、本人から聞いたところによれば、所謂「何でもアリ」な現場ではKARA等もプレイするらしいので、ひょっとしたら「KARA vs 少女時代」の代理戦争が勃発するかもしれませんね。

今夜は、Shapes!!始まって以来の実験的タイムテーブルなので、皆さん是非ともお早めにお越し下さい!1時間×2セットということで、それぞれ違ったアプローチが出来ればと。


shapes.jpg

2011.11.25 (Fri)
Shapes!!

at FAME (長野市)

START 21:00
FEE 1000yen (w/1Drink)

GUEST DJ
Tarantula (WORKIN' WORKIN' / time for livin)
HAMAAR (Fosbury)
http://djhamaar.blogspot.com/

Resident DJ
AYA★ http://ameblo.jp/mooooony/


Time Table
21:00-Aya★
22:00-HAMAAR
23:00-Tarantula
24:00-Aya★
25:00-HAMAAR
26:00-Tarantula

___


翌日11.26は、上越のニュータイトル「土曜だよ!!全員集合!!」でDJします。異色過ぎる総勢13名のDJ達が各々30分一本勝負で男を祭ります。Loveparadeのファイナルギャザリング的な「The 祭り」になれば良いなぁと。僕も30分で全てを出し切る意気込みで挑みますので是非!上越でのDJは、今年4月のTFL以来なのでコチラも凄く楽しみにしてます!!


1795701105_107-1.jpg

2011.11.26 (Sat)
土曜だよ!! 全員集合!! vol.1

at Club SQUAD (上越市)

OPEN/START 21:00
ADV 1000Yen (w/1Drink)
DAY 1500Yen (w/1Drink)

DJ
KAWASE (MONSTER HOP)
FUKA-MAN (SONIC BOOM)
MEGANEDJ (CONVERT)
Trantula (time for livin / WORKIN' WORKIN')
MAD 2 (SU-ROCK & TAKEO)
HIROMI (HIGH CULTURE)
TZ (CHANKA BRIGADE)
西脇紀仁 (fun to fun)

VJ
ENDO (time for livin)
sekinoji (time for livin)

Resident DJ
太田元 (time for livin)
深見哲也 (CHANKA BRIGADE)
樋口晋一 (ECHOVUM)
熊木一敬 (恋のロマンチック楽団)


チケット取扱店
Lounge room 0255257097
WEBB 0255263799
EARL 0255226842
とんが村 0255435963
posted by Tarantula at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Party info. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

WORKIN' WORKIN' -GALBITCH vs SoccerBoy-

soccerbitch2.jpg
2010.6.12 at 養老の滝(長野駅前店)

soccerbitch.jpg
2010.6.13 at 善光寺

___




■Story...
絶対王者SoccerBoyの劇的なロングシュートによりTarantulaが見事6連敗を喫した10.22未明、熱海港で釣りをしていたGALBITCHは、テトラポッドから足を滑らせ海へ転落したまま行方不明となった。それから3日後、小田原市内の道端で倒れているところを保護されるが、今も尚言葉と記憶を失った日々を過ごしている。変わり果てた姿を見兼ねたSoccerBoyは、彼を覚醒させるべくまさかのタラしこJAPAN入りを決意する…。かつて新潟で交わることの無かった二つの巨星が、県央の不思議な雑居ビルで遂に激突!「GALBITCH IS DEAD?」「GALBITCH IS ALIVE?」真実は、ダンスフロアで目撃セヨ!!

___


12.3_omote2.jpg

2011.12.03 (Sat)
WORKIN' WORKIN'

at BAR NULO (県央)

START 22:00
LIMITED ADV. 2500yen (w/1Drink)※
DOOR 3000yen (w/1Drink)

SPECIAL GUEST DJ
GALBITCH (ROC TRAX / HARD)

DJs
SoccerBoy (HARD / TK450)
Tarantula (WORKIN' WORKIN')
IZUMI (WORKIN' WORKIN')
アダチマコト (Sloth / infinity)

___


※11/19(土)正午より予約受付開始
前売り予約をご希望の方は、txxxxxxxa@gmail.com宛てに、お名前と枚数を明記の上送信して下さい。こちらからの返信をもって予約成立となります。携帯電話をお使いの方は、PCからの受信設定等をご確認の上ご予約下さい。予約限定枚数に達し次第、当日券の販売を中止する場合が御座います。 BAR NULO店頭でもご予約承ります。

___


galbitch2.jpg
■GALBITCH (ROC TRAX / HARD)
CATCHY IN THE DARK〜それはPLAY STYLE/楽曲制作を通じて捉えることの出来る彼のスタンスそのものである。ソリッド←→ポップな感性を、クイックミックステクニークでディスコティークに織り重ねてゆく確信犯的な表現姿勢&イケてる髪型と謙虚さで現在のシーンを彩る面々から高く支持される前髪ロックスター。


SB_pic1.jpg
■SoccerBoy (HARD / TK450)
近年は光栄にも様々な土地へ出向いての公演も増えてきている、アグレッシブでラディカルなロマンティスト。ジャンルや思想の横断、または縦断など、いろいろなことに現場やネットでトライして、成功や失敗をしたりしている。DJ若しくは歌を唄ったり等。
http://flavors.me/japanesesuperhero/

___


■BAR NULO
〒959-1232
新潟県燕市井土巻2-23 ミナミビル2F
TEL : 0256-46-0268
http://nulokenoh.blogspot.com/


大きな地図で見る
(華炎ていうラーメン屋の並びにある不思議な雑居ビルの二階です!!)
posted by Tarantula at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Party info. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

ピクニック8周年。

「Electro」を8年間絶やすことなく謳い続けてきた、誇り高き長野エレクトロ山脈総本山「ピクニック」で、今夜再び公開修行です。10.22、コーラおじさんに僕の前では演者として二年ぶりにフロアで酒を飲ませたチャンピオンが、今夜もやってくれると思うんだよなぁ。僕もやるつもりだけども。きっと、出演者の皆がそのはず。

今日は、そんなコーラおじさんの「地獄へ道連れ三時間踊らされっぱなし天国」を聴きながら、長野へ向かいます。(帰宅後に諸々解説しますので)

少女時代通過後に、こういった横並びを見るとつい興奮しますね。今から9周年のフライヤーデザインに期待するわけで。

65933587_207.jpg

2011.11.05 (Sat)
ピクニック8周年 〜ありがとう!そして、ありがとう!〜

at FAME (長野市)

START 21:00
DOOR 500yen

DJ:
みのる (Slump DJ's)
Tarantula (WORKIN' WORKIN' / time for livin)
KOSHIVICS (Zip Rock!)
SHITAθ
apple
posted by Tarantula at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Party info. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

Happy Mondays

 ドン・キホーテが仕組んだと噂される、所謂ハロウィンのそれに乗っかった昨夜の「HOPE LAND *helloweeeen special*」フロアは週末に遊び疲れた寂しんぼ達で溢れ返り大盛況。ARARE嬢が前日徹夜でハロウィンデコを施したフロアの雰囲気も素晴らしかった。僕へのサービスなのか、天井に壁にフロアのそこら中が蜘蛛だらけ。その御礼として、次回は僕も花と蛇的に全裸で天井から吊るされようと思う。それと、MCの皆さんが「ホープランド」と言う度、何故か風俗童貞の僕がドキドキした。

 特筆すべきは、普段ブラックマヨネーズ小杉からボキャブラリーを奪ったような幸せな弄られキャラ、男野島のディープ且つエレガントなテクノセット。彼の凄く気持ち悪いキャラとミスマッチして、余計気持ち悪かった。それと、久々にプレイを聴いた人妻nami嬢が、よりクラシック志向を強めた印象で、ヒップハウスとソウルフルなハウスクラシックを主軸にした一皮剥けたプレイを披露していたことだ。以前、彼女の結婚祝いにプレゼントした、Betty Boo「Doin' The Do」も律儀にかけてくれたりして嬉しかった。それも、凄くスケベな格好で…。カメラを忘れたから、残念ながら写真は一枚も無い。

 僕も何だか気分が良かったから、久々にド頭からBig Beatをプレイした。SoccerBoy夫妻の結婚祝い余興時の、後々トラウマになりそうだった放送事故的空気に比べれば、昨夜は見よう見まねで踊ってくれるキュートな女子も見受けられたし、Geeを踊ったことに悔いは無いが、やはり物凄く恥ずかしかった。ヘッドフォンを外すことを忘れてしまい、回転したらコードが身体に絡まったりもした。間違ってCDを巻き戻したりもした。リワインド解釈をされたのか、それはそれで盛り上がった。WORKIN' WORKIN'スタッフの鬼ババアに「やるならメーテルみたいに本気でやれ」とダメ出しもされた。今週末、皆がそれを期待しているピクニックでは、そうするつもりだ。SHINBOS' GENERATIONファースト上信越ツアー、11.5ピクニック公演。乞うご期待。

 基本、週末にしか会わない連中と、週初めの仕事終わりに会うのも良いもんだなぁというのが、昨夜一番思ったこと。ということで、今夜は月曜に縁あるこの二曲でお別れすることにする。おやすみなさい。



posted by Tarantula at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

HOPE LAND *helloweeeen special*

本日10/31は、ベーステロリストARARE嬢主宰こちらのハロウィンパーティーでDJです。僕は自宅療養しながら練習と諸々準備に精一杯だったので、特に仮装の予定はありませんが時間があればノリで化粧くらいするかもしれません。ナチュラルメイク。あと、ノリでヅラとかも被るかもしれません。ゆるふわカ〜ル。多分、そういうのを仮装って言うのかもしれません。

ARARE嬢曰く「Geeを踊れる娘を二人用意しました」とのことで、完全に逃げ道を塞がれてしまいましたが、ある程度の期待には応えるつもりなので是非!

500円ポッキリでお菓子食べ放題だそうです。僕はお菓子くれてもイタズラしちゃうぞ!!

___


2011.10.31 (Mon)
HOPE LAND *helloweeeen special*

at 音楽食堂 (長岡市)

START 20:00
DOOR 500yen (freefood!!)

LIVE:
Soul Lump
POETRACT&ONKNOWN

DANCE:
UMA

DJ:
Tarantula
oneloop
sachi
nami
JERU THE TAMACHAN
男野島
ARARE

*仮装コンテスト開催。豪華商品あり!気合いを入れてお越しください。

___


posted by Tarantula at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Party info. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストレート過ぎて伝わるCome Again。

 東京でSoccerBoyが主宰するHARDへ初めて遊びに行った時、凄く楽しい気持ちと同じくらい嫉妬したんだよなぁ。イケてるDJ達が30分交代で最初から最後まで格好良い音楽しか鳴らさず、誰が主役でも無く皆で一晩のパーティーを作り上げて行く姿勢が兎に角素晴らしかった。じっくりとグルーヴで繋いで行くプレイスタイルが特徴的な、YATTやNGTK君が30分で成り立っているのもHARDならでは。かといって、それを真似したいわけでも無く(そもそも出来ない)、CRACKEDISCOみたいな豪華ゲストのブッキング以前に重要である町場とのリンクもまるで出来てないし、TFLをやりたいわけでも無いし。で、何をやりたいのか考えた結果、自分の身の丈に合ったあの小さな箱で「予想を裏切り期待に応える」連中と同じ方を向きながら、フロアの皆さんと共に朝を迎えたくなったのがWORKIN' WORKIN'のはじまり。翌々目指すは「ついOpen in / Close outしたくなるパーティー」これに尽きます。

 TFLでお馴染みの顔ぶれに見守られる中幕を開けた一番手の太田は、お約束の踊れない(踊らせない)チルアウト解釈に始まり、インディーロック〜アフロビートといった具合に、次第にBPMを上げながら次に控える僕へ良いパスを出してくれた。TFLでやりたくてもずっと出来なかった二人のキャッチボールをようやく実現出来た。因みに太田はTFLクルー中、最も前後のDJの流れを大切にし異なるプレイスタイルの狭間でブリッジとしても機能してきた頼れる奴だ。
 
 僕はその流れをキープし、アフロビート〜UKG以降の諸々〜ムーンバートンといったお膳立てモードでSoccerBoyへバトンタッチ(ほんとは時間があれば「どぉなっちゃってんだよ」のムーンバートン解釈をやりたかった)。この日彼の1セット目は、いつもの無茶を期待する人にとっては多少なり違和感を覚えたのではないだろうか。ミニマルでは無いけど、テクノ/ハウスにおけるグルーヴ重視だとか、じっくりと繋ぎながらちょっとした音の変化を楽しませるスタイルだった。と思いきや、最後に忘れ掛けていたこんな爆弾を落としたりする気の抜けない奴だ。



 そこからIZUMIは、テックハウスで受け取りつつ休憩タイムになった後、ダブステップで殆ど空回り状態に。しかし、この後ラスト20分でLONDON NITE留年中の意地を見せることに。スウィング、昭和歌謡、パンク等、ルーツ寄りな選曲がCRACKEDISCOでお馴染みの皆にも刺さっていたのが印象的だった。結果、最後のキヨシローでこの日一発目の肩車が立つことに。

 続いて、一曲目からチャンピオンの貫禄を遺憾なく発揮したのがみのるさん。前からみのさんを凄く素敵だと思うのが、今年11月で8周年を迎えるピクニックでずっと「Electro」を謳ってきたことだ。「ずっとそれを追い掛けてる人にしか出せない説得力」というのをまじまじと見せ付けられた。それともう一つ、僕もSoccerBoyと出会ってから、より影響を受けた音楽を何でも現場で使うようになったけど、その中で例えばJ-POPなりK-POPを取り扱うにも、そこで只騒ぐだけのカラオケ大会をやりたいわけじゃ無く、あくまでダンス解釈で鳴らしたかったり、例えばNew Era被った兄ちゃんをHip HopやDub Stepでハンズアップさせた後に、少女時代でドライブダンスさせたいとか。みのるさんはガチなアニヲタだけど、その辺で僕と同じ思考及び志向であることを再確認出来て嬉しかった。前呑みの席で「B-Boy Patchyかけるんすか?」の質問に対し、サラッと「一応、持って来た」とか言いながら、随分とトリッキーに鳴らしてくれたものだ。「黄色いB-Boy」のボイスループが聞こえた時点で、フロアが爆発する様子には鳥肌が立った。

 そして、この後2セット目のSoccerBoyが、これまで僕が彼に立ち会って来た中で最高のプレイを披露することになる。もう全ての期待に応えてくれた。まぁ、これ以上何も言わなくとも、あの日朝の終演まで見届けてくれた沢山の人々が証人となってくれることだろう。次回、そんな彼がレジデントとして参加するわけだが、SoccerBoyを「ゲスト」として呼ぶのは今回で最後にしようという意思は、実はこの度の開催前から決めていて、彼も同じ気持ちだったのかなと解釈できるような改ざんポストも嬉しかった。今後はチームメイトとして皆さん一つ宜しくお願いします。

 今回のパーティーを総括すると「ロックで踊る楽しさ」というのが、重要なポイントだったと思う。決してそれを出演者各位が説教臭く伝えようとしていたわけでも無く「勝手に転がって行くパーティー」の成り行きで、ロックがフロアの最大公約数になっていただけの話。そこには勿論、ただ放送委員のようにぶっ込むだけじゃないDJ達のスキルや、他とは違う曲の並べ方も多大に影響していたわけで。僕が初めてTFLで触れたようなあの感覚が、フロアの皆にも届いてたら良いなぁって。最後はSoccerBoyが鳴らした、こちらの分かり易い再会ソングで閉幕。



ということで12.3、またあのダンスフロアでお会いしましょう。
posted by Tarantula at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

SoccerBoy - Absolute King's Late Show

まずは、10.22沢山の御来場誠にありがとうございました!

今回、地元勢が僕とIZUMIしか居なく、出来ることはなるべく自分一人で責任を持ってやるつもりでいたのは主宰者として当然のことだと思いますし、未開拓の地にこういった人選で打ち出すには、もう少し地盤を固めてからの方が良いことは重々承知していましたが、結果的に思わぬ方々から本当に沢山のご支援を頂いたこともあり、自分がずっと理想に描いていたパーティーを何とか良い形で実現することが出来ました。

ピーーーーーンと張ってた気が一気に緩んだせいか、ちょいと体調を崩しつつ既に次回の準備に取り掛かっている為、レポートが遅れています。すいません。うちの先祖からもすいません。先にこちらの一部始終をご覧になりながら今暫くお待ち頂ければと…。


【携帯ユーザーの方はコチラで

AM4:10より開幕した絶対王者劇場、紅く染まったNULOのダンスフロアに砂嵐が吹き荒れ、このまま朝5:00まで突っ走り続けることに。前半の珍しくじっくりとグルーヴィーに繋いだ1セット目も含めると、この日SoccerBoyによるDJプレイは合計3時間。細かすぎて伝わらないHip Hop以降の視点で彼の重要ルーツにも遡るような、言わば集大成的プレイだったと思います。そんなコーラ狂のSoccerBoyに、自ずとプレイ前に一杯だけチンザノロッソトニックを飲ませる要因となったレペゼン長野、みのる=チャンピオン。

次回、SoccerBoyに酒を飲ませるのはアナタかもしれない。そんな人を探し求め、僕の旅はまだまだ続きます。そもそも、やっと始まったばかりなので。
posted by Tarantula at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。