2011年10月10日

鬼シゴキ男塾。

今夜、県央BAR NULOにて、店主と僕がレジデントDJのIZUMI嬢を鬼シゴキながら通常営業を行います。他のお客様や場のノリで出音の大小変わると思いますが、美味しいお酒と多国籍音楽を浴び、明日からの日常へ向け英気を養うのは如何でしょうか?また、他にも鬼しごかれたい方や、DJにご興味がある方等いらっしゃいましたら、音源をお持ちになってお越し下さい。店主が全国から取り寄せたこだわりのフードメニュー(全品電子レンジ調理!)も、この機会に是非一度ご賞味あれ!お爺ちゃんから満たされない団地妻の皆様まで、お気軽にどうぞ!!

店主が遅刻しなければ通常20時オープンですが、僕も含め21時頃には全員揃っているはずです。適当ですいません。

■BAR NULO
〒959-1232
新潟県燕市井土巻2-23 ミナミビル2F
TEL : 0256-46-0268
http://nulokenoh.blogspot.com/


大きな地図で見る
(華炎ていうラーメン屋の並びにある不思議な雑居ビルの二階です!!)
posted by Tarantula at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

続「アイ・アム・プロレスラー」vs「アイ・アム・グレート・アマレスラー」

本日10/5、MADEMOISELLE YULIA初のオリジナルフルアルバムとなる「MADEMOWORLD」がリリースされますが、これを記念してリードシングル「GIMME GIMME」のSoccerBoyとTRIPPPLE NIPPPLESによるRemixを収録した限定特典CDが、全国のTOWER RECORDS各店にてご購入者先着でプレゼントされます!新潟県民の皆様は、是非とも新潟南イオン店で入手して下さい!

ギミギミ!!


「アイ・アム・プロレスラー」

___


MADEMOISELLE YULIA / MADEMOWORLD
mademoworld_jkt_photo.jpg

01. GIMME GIMME
02. BAM ME
03. LUXURY OF YOU
04. WAO feat. VERBAL
05. DOWN DOWN
06. ZODIAC GOLD
07. REPLAY
08. YOU CAN'T HAVE ME THAT WAY
09. CHRONIC
10. MIDNIGHT EXPRESS
11. DON'T STOP THE MUSIC
12. TOUCH ME

EMI情報ページ
http://www.emimusic.jp/artist/mademoiselleyulia/

試聴等はこちらで
http://www.kozm-agency.tv/artist/yulia/discography.php


___


DJ KYOKO主宰の女子DJオンリーパーティー「XXX」に、一夜限りのSoccerGirlとして出演した消せない過去。
ボーイ・ジョージでもジュリーでも劇団ひとりでもありません。サッカーガールです!!

SoccerGirl.jpg
posted by Tarantula at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

HARD

 こんばんは。今が旬、小栗旬です。先週土曜、犯罪者集団が深夜一時を過ぎても、30分交代で休む暇を与えずダンスさせ続ける精神と時の部屋、その名もHARDへ遊びに行ってきた。

 と、その前に「買い物よりも心に残るモノに投資したい」と言う連れの由貴子に丸め込まれ、ノリで『時計じかけのオレンジ』を観に行こうと赤坂へ向かった(因みに彼女は、二週間前も同演劇を観に行った)。僕は小説や漫画等を映画や舞台演劇化した際、再現度を求めているのは美術的な世界観とキャスティングくらい、つまりは視覚的な要素だけなので、例えばストーリーやキャラ設定が大胆に省略/変更され、質感や形こそ変わっていたとしても重要なポイントさえ継承していれば、むしろその原作との違いこそを楽しみながら鑑賞したいと心がけている。実写版ストリートファイターで、何故かベガがバイソン将軍になっていたり、ダルシムがヨガをせず博士になっていたり、キャプテン・サワダって言う、もはや全く原作に関係無かった人が出て来たように…。(因みにこの映画、カイリー・ミノーグが女戦士キャミィ役で出演!)にしても、この演劇は客席に媚びた下らないギャグが多過ぎることだけ少々うんざりした。折角、小栗旬が卑劣なインアウトもやり切ってるのに下手に和ませないで欲しかった。それ以外は大満足。終始生バンドによるBGM+可動式巨大スクリーンのVJ及びハメ撮り風映像等、演出が斬新だった。
 
 それから数時間後、HARDが開催されているSOFTへ。夜も人で賑わう繁華街から対局に位置する、ビル街の谷間に潜む隠れ家的小箱で良い感じ。奥にはスケベな隠し部屋もあり興奮する。むしろ便所も隠し便所だった。洗面所なんて忍者屋敷式だったし。キャパが狭いから見覚えある顔がすぐに見付かる。SoccerBoyだけは先に匂いで見付けた。アウェイのはずなのにホームのような安堵感に包まれた。それに新潟で何度かプレイを見て来た面々も、いつもより楽しそうに見えた。いや、安心してプレイしている様に見えたと言った方が適切か。だけど、そこで鳴る音も一晩の流れも全くもって馴れ合いではなく、朝を迎えるラストチューンまで素晴らしいチームワークを見せつけられ嫉妬する程のクオリティ。要は30分×2セットで、それぞれ違うスタイルのDJ達が、ただ交代して行く単なる『オールジャンル』では無く、まさしくチームワークで一晩の『ノンジャンル』を作り上げるスタイル。これぞHARD。同じ夜、東京で様々なパーティーが競合する中、活動範囲もバラバラなジャパニーズスーパーヒーロー達が下手したら見付けられないような隠れ家に集結し、入場料500円のパーティーをあれだけのクオリティで提供しているっていうことに意義があると思うし、あの諸々近い距離のフロアっていうのもHARDにとって凄く重要な気がした。そんな良い雰囲気が伝わる写真等はKAN君RSちゃんのblogで是非。

 連日の雪かきで腰が悲鳴をあげていた為、翌日は携帯クーポン集で目に留まった宇田川町はDMRの上階に店を構える“KING OF MASSAGE”ことMoonwalkへ。BGMも勿論マイケル。僕は『Moonwalkスペシャル/全身 ほぐし+足裏 75分』をお願いすることに。中国ドバイ式という施術で、気持ち良いマッサージというより整体的で、結構痛い施術も多かったんだけど吃驚する程身体が楽になった(今も楽)。ただ、“They don't care about us”が流れ、半ばビートマッチする如く超リズミカルに叩かれた時は、自分がここに何をしてもらいに来たのかよく分からなくなってしまい爆笑した。価格もリーズナブルなのでオススメ。



posted by Tarantula at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

MEGA MEGA MEGA

方向音痴スキルをフルに発揮し、何かに導かれるように有り難く何度も善光寺の周りをウロウロしながら知らない人に道を尋ねれば奇跡的に長野県民じゃなく、自力でやっと辿り着いたJALシティロビーでSoccerBoyとGALBITCHにバッタリ。SB「なんかお洒落じゃん」GAL「前の髪型の方が良い」と、再会を祝う間も無く賛否両論だったのは僕の摘んで捻って無造作ヘアのことだ。シャンプーやドライヤーは格段に楽になったけど、スタイリングでえらく手間が掛かるので自分でも正解がわからない。

そんなこんなでドタバタと幕を開けた長野の週末。
何故昨年10月開催を機に休止していたのか、その後何が大きなきっかけとなり活動再開へと踏み切れたのか、何故MAC君があんなにもアホ程MixCDを自主制作して無料配布しているのか(決してプロモだけが理由じゃない)、何故MAC君がノンアルコールで2時間プレイに拘ったのか、昨年の前呑みでは葬式みたいな顔をしていたKOSHIVICSのヤス君を奮い立たせた出来事、みんな今となっては笑いながら話しているけど、MEGA DANCEクルーの数々の泣けるエピソードに僕はとてつもなく感動したし、如何に彼等が尖っているかをここに綴りたいのは山々だけども、とにかくこの日は彼等の高い志気と結束力がフロアに溢れ出ていた。

ゲストのYATTにしても「Bang Gang Yeah!!」の頃から入った若いネオンカラー世代のお客さんからしてみれば、今彼等が発信している『自分達の音 = インディー・ロック & ニュー・ディスコ』ってやつは、結構敷居が高いのかもしれないし、今後ピークタイムでそれを鳴らすことに葛藤する場面が増えるのかもしれないけど、この前のPrahaでGALBITCHがBPM120の80'sディスコとか初期Gigolo等をふんだんにプレイしていた様に、所謂トーキョー・エレクトロの人達が次の何かを現場で提案している姿は関心する。

で、この日のパーティー最終的には、SoccerBoyが当日ハードオフで一枚100円前後で購入した中古CDを用いてGALBITCHとあうんの呼吸なB2Bをカマしたり、僕もたまたま車にあったTK450音源をオン・ザ・マイクでプレイしてみたり、それはそれは復活祭に相応しい何でもアリな一夜となりました。正直、昨年ゲストで呼んでもらった時よりも楽しかった。全員サッカー感満載だったから。

というのもあるし、昨年一度だけ行っただけなのに、みんな顔を覚えてくれていたり、松本のGARU君がツイッターでの一連のやり取りを見て大分無理して僕等に会いに来てくれたり、奇遇にもJunkでライブペイントをしていたOZ君と再会したり、翌日の観光ではGALBITCHの悪魔のようなナビによって行き止まりで立ち往生したり、とにかくプライスレスな時間を満喫できた。MAC君は、MEGA DANCEがみんなのミーティング・ポイントになっている事実が心底嬉しくて、別れ際に「ああ…あう…カメラさん…あう…」って言ったと思うんだ。多分。だから、またみんなで遊びに行こうぜMEGA DANCE。

CIMG2295.JPG

CIMG2297.JPG

CIMG2298.JPG

CIMG2296.JPG

CIMG2299.JPG

CIMG2300.JPG

CIMG2302.JPG

CIMG2303.JPG
posted by Tarantula at 21:03| Comment(0) | TrackBack(1) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

おかえり、99% MEGA DANCE。

今週土曜日は、長野市で開催される“99% MEGA DANCE”へ丁度一年ぶりに遠征します。気が変わらない内にと、本日JTVナイストリップ券3000円分を片手に、ゲストであるYATTが宿泊するニュー・ナガノよりもハイクラスなJALシティを前払い予約して参りました。

昨年10月の開催を最後に、暫く現場から遠ざかり燻っていた主宰者兼DJであるMAC君が、満を持して自身のホームグラウンドにて復活を遂げる日を見届けたくなった次第。
噂によれば新潟でもお馴染みのデビル前髪や、イングロリアス・バスターズのDVDリリース直前、キャンペーンの一環なのか、突然劇団ヒトラー化したサラリーマンも遊びに行くとか行かないとか。

そしてこの日、僕にはもう一人凄く会いたい人がいるのですが、同様にMAC君にとっても昨年最大の忘れ物だとか。今年3.13“SoccerBoy vs FUNNYBOY”の夜、時を同じくして地元長野で復活ステージに立ったそうな。早かれ遅かれ、いつか迎えることになるであろうワールドカップ決勝戦へ向け、また何か伏線が敷かれるような日になるかどうかはさておき、思い切り長野を満喫して来ようと思います。

因みに今週木曜日にリリースされるパスマガでは、当blogのDJスケジュール欄で現在伏せ字公開されている、その第一回戦的試合の全貌が明らかになる予定です。ただ、締め切り直前の駆け足入稿だっただけに、煽っておきながらその情報がピックアップ欄に掲載される確証はありませんが。大分気持ち悪い顔だからピックアップされていると良いんだけど。

832746755_45.jpg

【99% MEGA DANCE】

2010.06.12(SAT)!!!

@SOUNDSCAPE
22:00 OPEN
W/F 2000YEN (1D)
DOOR 2500YEN (1D)

SPECIAL GUEST DJ:
YATT (LINDATUNE)
http://www.myspace.com/yattdisco
http://www.lindatune.com/

DJ:
MAC
KOSHIVICS
HAMAAR
posted by Tarantula at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

最大公約数 vs 無限大の素数

いよいよだなぁ。

DJプレイにおいて、要所要所で自身の大ネタRemixやMashUp等を
投下する以外、実は全く違うアプローチ方法の二人。

本をただせばロックパーティーとしてスタートし、レジデント及び客層のアラサー化等も伴い
クラバーよりもフェス人口の方が多いTFLのダンスフロア。
(※決してそれを否定しているわけではありません)

そのフロアにおいてFUNNYBOYは、TFLのゲストDJダンス部門史上最大公約数となることでしょう。
一方SoccerBoyに関して大げさに言えば、今回は半ば素数的な立ち位置になるのかもしれない。
しかし、彼はその無限大に存在する素数をアーカイビングし
凄まじい熱量をフェーダーへと注ぎ込みクイックミックスして行く。

今回そんなFUNNYBOYとSoccerBoyを敢えて正面衝突させるのは
大きな理由があってのことだが、それは各々が両雄の生き様を見届けながら感じて頂ければと。
僕から言わなくとも、SoccerBoyは最初からそのつもりだったそうだ。
そして、この日の出来事が二人にとっても何かのきっかけであったり
大きな意味のある一日になって貰えれば幸いだ。

それでは明日の夜、ダンスフロアでお会いしましょう。

とかなんとか格好つけておきながら、明日は純粋にパーティーを
楽しんで頂きたいのでこんなん貼っておきますね。


ひょっとしたら、こんなセレモニーがあるとかないとか…
posted by Tarantula at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

UnBirthdayとか今年を振り返る前に

SANの三戸さんと、SoccerBoyがルー・リードについて
それぞれの想いを綴っているのが興味深かったのでここでご紹介。
存在を知ってはいてもサントラレベルでしか音源を認識していない
ペーペーな僕は、とりあえず高校生の時に背伸びしてVHSで借りた
バスキアでももっかい見てみようかなと。
読みもしないスタジオ・ボイスとかHとか切り抜いて
ひたすら壁に貼ってたのは、今だから言える恥ずかしい話。
僕って結構こういう人なんですよ。

因みに僕はバスキアを見た後に、何故か筆ペンを取り出し
絵描きを始め、一週間で止めました。
僕って結構こういう人なんですよ。

http://san.angry.jp/shibata/?eid=82

http://blog.dropsnap.jp/SoccerBoy/2009/12/7230.html
posted by Tarantula at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

UnBirthday

今夜は長岡市殿町のRegno2で開催されるUnBirthdayでDJです。
僕の出番は2時半から1時間半プレイ。
ゲスト割引できるので、ご来場下さる方はコメントかメール下さいませ。


2009.12.12(Sat)
UnBirthday

at REGNO 2(長岡市)

OPEN/START 22:00
ADV 3000yen (1Drink)
DOOR 3000yen (No Drink)

【December Birthday】
Entrance Free!!! (1Drink Service)
※誕生日を確認できるIDが必要です

SPECIAL GUEST DJ:
Takashi Sasaki (CONVERGE+)

GUEST DJ:
NAOKI (NUEVA, Rock Steady)
Tarantula

+SECRET DJ !!

GUEST VJ:
SOLU MEDIAGE

DJs:
swing☆apple (UnBirthday)
d-k. (UnBirthday)
BIG-PIN (universe)

VJ:
HANUMAN (UnBirthday)
TAKE-P

SPACE PRODUCTION:
kok embodiment a.k.a Yoshihiro Wada
Candle*lab 蓮run
宮 (-miyako-/CORE/霞-kasumi-)

SOUND DESIGN:
たつまき店主 KING DUBBY I

PHOTOGRAPHER:
haruCa
seri*nu (ナカジマセイサクショ)



ヒョンスンがテキーラガールをやってくれるということで是非使いたい一曲。
posted by Tarantula at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

Rammstein

rammstein_2.jpg

ドイツのド変態メタルバンドRammsteinが、間も無くニューアルバム
“Liebe Ist Für Alle Da”をリリースしますが、そのリードシングル
“Pussy”のPVがエライことになっています。
殆ど無修正ポルノなので、女性陣は覚悟の上ご覧下さいませ。
http://www.visit-x.net/rammstein/

更に11月末リリース予定のDeluxe Editionの目玉が
手錠+ローション+ディルドー6本という生涯現役宣言仕様。
“Pussy”PVディスクも同梱されるようです。
抜いて良し、挿れても良しですねお父さん。
http://www.infrarot.de/index.php?page=home-i-2004869

Rammsteinといえば、ライヴでの炎+ペニバン放水パフォーマンスも有名な話ですが
【コチラのPV】で男色化したかと思えば、今度はポルノ男優デビューだから気が抜けません。
ライヴでホンマもんのまな板ショウを敢行するのも、時間の問題かもしれません。

■Korn率いるFamily Values Tour '98より


来日公演を前列で体験した人によれば
「初めて人のライヴで髪の毛が焦げた」とか
「その後、ペニバンからの放水でビショ濡れになった」
とかで、それなりの覚悟が必要なようです。

「ハトがとまった!」

「ヒヨコが13匹乗った!!」

それは、ディック・ミネの海綿体伝説。

83f83B83b83N81E83~83l310.jpg
posted by Tarantula at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

凄い写真が出てきた。

携帯カメラで撮った写真を整理していたら、軽くトラウマになった。

今年6月、長野の99% MEGA DANCEに太田君と深見さんと一緒に遠征した際
運転中の僕に代わり、太田君がしょうちゃんと電話をしながら
目的地までのルートをナビして貰ってたんだけど、そういえばあの時
後部座席で良い大人達がキャッキャ言いながら、写真撮りあってたんだった…

これがその一部始終。

聖者と化し、後光が差す深見さん。ありがたや。
何処の店に行っても、お金を取られませんでした。
fukami.jpg

悪魔の子、太田元。
将来の夢は、電話一本で億単位のお金を動かす
新世代ダンスポップ・プロデューサーだそうです。
ota.jpg
posted by Tarantula at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

佐藤利樹×KAN TAKAHIKO

handosome.jpg

Handsomeboy Techniqueのニューアルバム
“Discommunication Breakdown”がリリースされましたが
こちらのJETSETオンリー特典RMX-CDR盤に、何と上越が生んだ
泣く子をもっと泣かせる悪童、佐藤利樹のRMXが収録されました。
更に驚くことに、SoccerBoyとチームアップしたTK450としての
活動でも御馴染みの、KAN TAKAHIKOさんのRMXも収録されています。
利樹のヤンキーポップ感満載な仕事といい、フィジェット以降の
ゲットーハウス感満載なKanさん仕事といい、共に素晴らしい完成度なので
購入される方は、是非JETSETで。

試聴はこちらで。

■佐藤利樹
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1124537717&owner_id=13908335

■KAN TAKAHIKO
http://www.myspace.com/kantakahiko

購入はこちらで。

■JETSET
http://www.jetsetrecords.net/jp/HANDSOMEBOY-TECHNIQUE-DISCOMMUNICATION-BREAKDOWN/product/812003575012

___


そんな佐藤利樹や僕も出演する、今週日曜開催のこちらも
是非、宜しくお願いしますね。
きっと、利樹はこのRMXかけながらニヤニヤすると思うので
女性陣は予習して、スピンされたら人差し指と中指の間から親指を
チラつかせてあげて下さいね。きっと、僕も興奮します。
なんでも、利樹が会社から結構なサウンドシステムを持ち込んで
くれるそうなので、とにかくチヤホヤしてあげて下さい。

尚、Sky Stageに出演するTFLオールスターズは、普通に月曜から仕事の為に
日曜開催時のみの出演となるメンバーが殆どなので、何卒ご了承下さいませ。


2009.09.20(日)
※雨天予備日 21(月)/22(火)
JOETSU MUSIC FESTIVAL

at 金谷山公園(上越市)

!!!入場無料!!!
PM4:00〜PM10:00

■Sky Stage(HOUSE/ROCK/etc)
DJ:
太田元
西田将臣
栃沢康博
石川智
深見哲也
Tarantula
佐藤利樹
西脇紀仁

VJ:
ENDO

■Earth Stage(REGGAE)
SOUND:
SONIC BOOM
LIGHTNING STAR

DEEJAY:
ZTNIE
CRANKY
MIKKEN

Soundsystem by Sonic Boom

■Human Stage(LIVE)
BAND:
ara way river
Youth Of Amoeba
Tachibana
ESE DUBZ
My Hair Is Bad
case of identity
ecinba

and more...

※22日が雨天の場合は、パティオ内FATHER HALL/SQUAD/EARLを使って開催致します。
posted by Tarantula at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

CRACKEDISCO

夜勤明けで夕方に目覚めたWin使いのDJ MACこと、長野のしょうちゃんが
行くかどうかギリギリまで迷い、結局高速で燕三条入り。
インターまで迎えに行き、僕の車で加茂駅まで先導するも
そのセーフティ・ドライビングには驚きを隠せなかった。
ひょっとして、クリープ現象だけで動いてるんじゃないかという程の発進のもたつき!
コーナーリングでは、完璧過ぎる徐行!King of 徐行!!そして、ゆとりの車間距離!!
その姿をバックミラーで爆笑しながら、何とか目標時刻に間に合った。
エイミーちゃん曰く「歩行者の為なら急ブレーキを踏む」とは伊達じゃなかった。

CIMG1557.JPG

箱入り前に呑みつつ、しょうちゃんが気にしていた
セカンド・サマー・オブ・ラブ〜マッドチェスターについてや
その後のビッグ・ビート誕生に至るまでの歴史を
僕の得意とする、うろ覚えな知識でレッスンしてあげた。
しょうちゃんはそんな僕の話に対し、いつも目をキラキラさせながら
耳を傾け、たまに携帯にメモったりする勉強熱心な良い奴だ。

良い感じに酒が回ったところで、いよいよPrahaへ。
SoccerBoyとの再会を三人で祝いつつ暫し談笑。
ここでも、やはりしょうちゃんは聞き手に徹しながら、目をキラキラさせていた。
TK450が使っている、謎のJ-POPアカペラ素材の出処は結局明かされなかった。
とにかく、その辺でも地味に努力しているわけです。

CIMG1560.JPG

CIMG1561.JPG

初めて現場プレイを拝んだマドモアゼル様は、やはり唄ってナンボだな〜といった印象だった。
続いてこちらも初めてプレイを拝んだペリは、ヴィジュアルや後ろ盾だけではない
DJとしての芯がしっかりと太く、独自の世界観を感じることの出来る
良質のガールズDJであることを確認し大層驚いた。
僕は、基本的に相手から求められたり、よほど愛を注ぐ人でもない限り
わざわざ自分の方からダメ出しをすることは無いんだけども
初対面の僕に「ダメ出しして!もっとダメ出しして!!」と
真面目で熱心な姿勢にも関心した。うっかり、ファンになっちゃったぜ。

CIMG1569.JPG

そして、いよいよ真打SoccerBoy登場。
まず、この日は珍しく緩めな選曲&BPMスタートで驚いた。
前半では積み木型でBPMアップしていき、長野で聞いた時よりも
特にダブ・ステップ前後の流れや、BPMチェンジがスムースだったし
後半のレイヴ攻めや、J-POP爆弾のさじ加減も絶妙で素晴らしかった。
終盤では、あの時間帯ならではな彼のロマンチックな側面を堪能することが出来た。

これまでPrahaで、まともにダブ・ステップをプレイしたのは、Francois K.くらいらしく
フロアの免疫は皆無に等しかったと思うけど、僕はそんなPrahaでダブ・ステップや
trfや安室ちゃんをSoccerBoyが投下するという、歴史的瞬間を目撃でき大満足。
まさかの、SandStorm feat.ペリにより、ヴァンダレイ入場を連想し興奮したり
ライムスター“B-Boyイズム”をプレイした時は、PTP×SoccerBoyという
僕にとってのレジェンドと、ヒーローである二人がリンクして感慨深かった。
SoccerBoyは、僕が聞きたい音全てを、人より格好良くプレイしてくれるDJだ。

また、会う日まで!マイ・ヒーロー!!

[09] C is for Crackedisco pt.1 from japanesesuperhero on Vimeo.



[09] C is for Crackedisco pt.2 from japanesesuperhero on Vimeo.



CIMG1567.JPG

CIMG1568.JPG

このTシャツは、サラリーマン・マナーを覆す物凄いクールビズだ。
CIMG1570.JPG

___




posted by Tarantula at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

HELLOS

本日は、9/5にゲスト出演が決まっているHELLOSのミーティング。
当日、ゲストダンサーとして出演する、ヒョンスンと約一年ぶりの再会。

CIMG1541.JPG

CIMG1537.JPG

実は、このHELLOSが開催される日から丁度一年前、紅音ほたるを招聘し
開催されたエロイベントに、ヒョンスンとRose姐さんコンビに
踊ってもらい大好評を博したわけですが
あの二人が、いよいよ長岡に帰って来るのです。
ヒョンスンは、最近レゲエダンスよりもポールダンスの方に力を入れており
当日、音楽食堂に(持参の!)ポールを立てれそうであれば、そっちで踊るそうな。

一方、Rose姐さんは今年に入ってから腹部を手術したり
筋肉を断裂したりと、不幸が重なり暫くステージから遠ざかっていましたが
先週、佐渡で開催されたイベントから本格的に現場復帰を果たし
この日、長岡市では初の復活ステージとなります。
善光寺の次は、音楽食堂で有難い御開帳を拝みましょう。

前回のHELLOSで、レゲエダンサー・MIHOちゃんに踊ってもらったこともあり
当初、出来ればレゲエダンサー以外の人を紹介して欲しいとの依頼を受け
レゲエダンサー以外にも何人か推薦した中、結局この二人を選んだHELLOSクルーは
やはりスケベ以外の何でもなかったという話です。

さて、明日というか今夜は、いよいよSoccerBoy新潟初上陸!
My Dear Horseを経て、更に突き抜けたエースの提示する次なる一手は如何に。
キャプテン・タカシのマドモワールドカップ編、対ハードメルヘン戦!
いよいよ、今夜キックオフです!!!
posted by Tarantula at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

Trouble & Bass

配達先で犬に噛まれたり、わざわざ昼休みを削ってPJを立ち読みしに行ったのに
YA-KYIMがこれっぽっちも脱いでいなかったりと、微妙なダメージを食らい続ける今日この頃。

前に、DEATH IS NOT MY AIMの二人が着ていた“Trouble & Bass”Tシャツが欲しくて欲しくて
それがMoonWalkで取り扱っていたのを知った頃には、時すでに遅しだったわけですが
本日、その新作が入荷していて即オーダー。

wr-0055.jpg

ここでよく“Mad Decent”絡みのTシャツを調達している
しょうちゃんにも一応連絡(勿論、僕がオーダーした後に…)。
Lサイズは既に売り切れ表示になっているけど、無事確保できたのだろうか。
確保できたとしても、『身幅 51cm / 着丈 70cm (あくまで目安!)』という
この微妙にペタ〜としそうなボディサイズが、僕に似合うかどうかも心配だ。

posted by Tarantula at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

天国へ旅立ったSoccer爺ちゃん、夢枕に立つカモネ。

CIMG1474.JPG

CIMG1479.JPG

CIMG1481.JPG

また後程、じっくりと感想を綴りますが、恐ろしい程に素晴らしい仕上がりです。
大ネタと反則Remixを剥奪されたエースストライカーは、ここでまた違う顔を見せることに成功しました。
平成の口喧嘩王ことSoccerBoyが、口だけではないことを、この作品によって実証されるでしょう。

手紙のメモ用紙が、ブダペスト・ヒルトンな辺りが
いかにも、エリート金融コンサルタント×汗と油と涙の自営業における
格差社会風刺のようで、なんだか感じ悪いけど、どうもありがとう!
そして、リリースおめでとう!!オニギリ・ボーイ!!

気を静める為、毒盛り前夜の僕が覆い被さってみました。

CIMG1484.JPG

>> 特設ページへ

>> 購入ページへ
posted by Tarantula at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

Mixが

完成したようで、まだ完成していません。なにしろ人力だから。
8/1に話題を独占しそうな某エースを、ライバル視するモチベーションで
現在、部屋に篭もり、いそいそと頑張っています。
この日までに完成させたいところだけど、どうだろうか。何しろ人力だから。
しかし、僕にはライセンスを気にする必要が無いだけ、まだ気が楽だ。

と、言い聞かせながら頑張れ自分。折れるな心。
てか、これからやっと録音する段階なんですけどね。

___


01 Betty Boo - Doin' The Do(Damned If You Do Mix)
02 Liaisons Dangereuses - Los Ninos Del Parque(Renegade Soundwave Mix)
03 DFX - Relax Your Body(The Hacker Remix)
04 Leftfield & John Lydon - Open Up
05 Nitzer Ebb - Join In The Chant(Xpress 2 Remix)
06 Zombie Nation - Worth It(Arveene & Misk Remix)
07 Hugg & Pepp - Penguini
08 The Faint - Machine In The Ghost(Djedjotronic Remix)
09 Daniel Haaksman - Pobum Coco
10 Munk with Asia Argento - Live Fast! Die Old!(The Amazing Clay Remix)
11 Daniel Haaksman - Senta Senta Mais Uma Vez
12 Gregor Salto - Looking Good
13 Yo Majesty - Don't Let Go(DJ NG Urbance Club Remix)
14 Dre Skull - Gone Too Far feat. Sizzla(Buraka Som Sistema Remix)
15 L-Vis 1990 - United Groove
16 Ursula 1000 - Zombies(Hijack Remix)
17 Baobinga - State Of Ghetto Jackin' feat. DJ Nasty
18 Moves!!! - Playaz
19 Buraka Som Sistema - IC19
20 Dan Black - Symphonies(Passion Pit Remix)
21 Bolz Bolz - Take A Walk(Si Begg Remix)
22 Si Begg - My Style
23 S.I.Futures - Eurostar(FX Remix)
24 The MFA - Rinse Time

___






posted by Tarantula at 00:48| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

奴がやって来る!

8/22(土)、新潟市万代のPrahaで開催されるCRACKEDISCOですが
同月にNew MixCD“Neon Spread: 2”をリリースするMademoiselle Yuliaを
ヘッドライナーに迎え、この他ゲスト枠にはPeliが決定していましたが
残る一人に、どうやらSoccerBoyの出演が決定したようです!
とうとう、あのエースストライカーが新潟に初上陸します!

Yulia×SoccerBoyと言えば、DJ Kyoko主宰のGirls DJオンリーパーティー
“XXX”にて二人が共演した際の女装変名プロジェクト、SoccerGirlなんていう
消せない過去もあったりしますが、折角のこういったハードメルヘン二人の鞄持ちに
見えなくもないポジションでの参加ということに肖り
一夜限りのSoccerGirl復活にも、ちょっと期待しています。

劇団ひとりが、Boy Georgeと沢田研二のモノマネをマッシュアップすると、多分こうなります。
l_ecd78bd17a540a20db9435d958f91380.jpg

そんなSoccerBoyですが、8/1には彼もHMVから自身初のオフィシャルMixCDとなる
“My Dear Horse”のリリースを控えているわけで、前回に引き続き
Wリリースパーティーというおめでたい一夜!!

これで、地獄の盆商戦も楽しく乗り切れそうです。

↓Galbitch×Kyoko×SoccerBoyの対談も面白いんで是非ご覧下さい。
http://www.hmv.co.jp/news/article/907160132/
posted by Tarantula at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

Jin Rock Fes.2009

http://www.fmport.com/JINROCK/index.html

昨年に引き続き、今年も加茂山での開催が決定したようですね。
昨年は、上越の肩車軍団や音漏れにつられ、衝動的に当日券で入場しましたが
ラインナップ云々以前に、地元・加茂山で野音イベントが開催されている
その光景を目の当たりにしただけで感動を覚えたものです。
今年もみんな遊びに来るのかな?
もし来るなら、昨年以上にスケールアップした宮永君への
『オペレーション・巻き』を成功させたい。
昨年のオペレーションでは、巻いたはずの宮永君が
先に下山していて、なんかもう訳が分からなかったです。
ラインナップ的には、RIZEとかマキシマムザホルモンとか
分かり易いラウド系にも一組くらい参戦してほしいところ。

CIMG0477.JPG
posted by Tarantula at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

Kuduro

今も尚、加速するGhetto及びBass Music界隈において、Dub Stepと肩を並べ
高速ステップ推進運動の要として機能している、アンゴラ発の辺境最前線、Kuduro。

ところで、この“Kuduro”僕は正しい発音に、ずっと悩んでいたのです。
楽曲のMCにより「クドゥロ」もあれば「クドゥル」の場合もあり
JETSETやTECHNIQUEでは「クドゥロ」、SoccerBoy君も「クドゥロ」
MADEMOISELLE YULIAちゃんのCS番組内で、Buraka Som Sistemaへの
インタビューの際、画面上に出たテロップでは「クドゥーロ」
THE BEACHESのヒサシ the KIDさんは「クドゥル」
普段、僕は「クドゥロ」派でしたが、ヒサシさんが言った直後に
「じゃあ、クドゥルで」と言い直すという、自信の無さを露呈してみたり
「クドゥロ」と言うつもりが、噛んで「クドゥリュ」になったり
Kuduro静香は「言えないのよ…」と、もどかしい具合に、とにかく僕はもう混乱しました。

で、↓のページによれば、結局「クドゥロ」でも「クドゥル」でも良いみたいです。

http://en.wikipedia.org/wiki/Kuduro

先日、ありがたいプロモ盤が手元に届いた、THE BEACHESの8/5にリリースされる
3rdアルバム“HI HEEL”収録の二曲目を飾る“ミダラ”では
恐らく世界初の試みとなるであろう、人力Kuduroともいえるサウンドアプローチを披露しており
そのクオリティの高さと斬新なアイディアに、小一時間程ひっくり返りました。
このアルバムについては、後日改めて紹介しようと思います。
posted by Tarantula at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

週末。

昨夜は、久々にCRACKEDISCOへ。
やっぱりALYNちゃん、マジでかわいかった。
blogの過去ログ写真が、どれを見てもかわいいのは伊達はないぜ。
プレイ中も、殆どアイドルばりにフラッシュの嵐。

今回は、電車で行ったのを良いことに、しこたま呑んだ為か
つい呑み屋ノリになってしまい、踊るよりも会話をしていた時間のが
長かったんだけど、有意義な会話を沢山できて良かった。

オーガナイザー澁谷さんが紹介してくれた、コスリDJ坪谷君が
なんと同じ地元出身で、中学時代陸上部の先輩であり
“King Of 漢”と呼ばれた、坪谷先輩の弟という事実を知り大層驚いた。
坪谷君が住んでいた某田園地帯在住の仲間達は、基本的に中学卒業後
族に入ってスピード結婚するか、坪谷君ちが運営するボクシングジムで
拳と根性を鍛えるのが定番コースなんだけど
そんな中、坪谷君はなんと上京してWombで働いていたそうだ。
あの田園地帯に、こんな遊び人が存在していたなんて面白すぎる!King Of 親不孝!!
しかも、基本Hip HopやBreak Beats使いでありながら
Big Beatも通過しているそうで話も随分と盛り上がった。

とにかく、楽しい週末でした。

さて、来週末はTFL夏フェス特集。
個人的に、ゲスト二名よりもクラスヌで随分と男を上げた
トッチーによる、次なる一手が一番楽しみだったりする。
posted by Tarantula at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。