2011年01月27日

SUCKER BOMBACLAAT VOL. 1.5 - WE WILL STILL BE HERE, FOREVER

1.jpg

 
 SoccerBoyのMixCDシリーズ最新作“Sucker Bombaclaat vol.1.5”がリリースされてから約一ヶ月が経過した。まず本題に触れる前に、以前彼がLEF!!!のポッドキャスト用に提供したMix“Some things you wanted to know about me: but were afraid to ask Hip-hop (あなたがわたしについて知りたいと思いながらあえてヒップホップに尋ねようとは思わなかったこと)”【DL及び本人による解説はコチラで】を振り返ることにしよう。

 もとを正せば『DJ / ラップ / ブレイクダンス / グラフティー』を総称する文化として後世に継がれる財産となった「ヒップホップ」だが、クラシックな大ネタから重箱の隅をつつく小ネタ等がサンプリングされた、所謂BPM100前後のビートにラップが乗る様なジャンルとしてのヒップホップではなく、彼が考えるその根源の醍醐味「斬新且つ柔軟な視点で再発見・再生産する」 ⇒ 「SoccerBoyによるヒップホップ(の新解釈及び新定義)」ということを、この半年以上ずっと模索していたのだろう。その新解釈したヒップホップを題材に、敢えてリスニング用としてフロアでは鳴らすことの無かった楽曲等も積極的に取り入れたSoccerBoyのスピンオフ、言わば重要エピソードとしても受け取れる「ヒップホップ(解釈)によるSoccerBoy(の音楽遍歴)」であり、現在の彼を構成する重要要素のヒントが沢山詰め込まれている作品だった。

 さて、話を本題に戻そう。結論から言うと、本作で現在進行形の「SoccerBoyによるヒップホップ」が確立されたと言っても過言ではないだろう。先述のMixと比べれば格段にストレートなメッセージ性が秘められていると思う。いつもの大ネタ、痛快なTK450音源等が目紛しく展開する中、既にJET SET大先生が解説している通り「細か過ぎて伝わらないヒップホップ」がアイロニーに随所へ散りばめられた、回りくどいヒップホップ愛に溢れる作品だ。いつものボリュームはそのままに、しかし以前に比べ連想ゲームをする中でのグルーヴ感が強化され楽曲の旨味も引っ張る様子が伺えつつ、初期作品に見られたマッシュアップ感も見事に進化を遂げながら復活している。

 今でもしつこくデッキの中を回り続けているわけだが、個人的に彼のMix史上最もドライブに合う内容なのだ。それは特に終盤「もしもSoccerBoyがクラスヌに出たならば〜」的なクライマックスで威力を発揮する。佐藤Dの煽りV並に何度も涙腺を煽ったC___oからK____iまでの流れ。“Raindrops”が流れる度に思い出す、小布施で見渡す一面に広がっていたリンゴ園。間違えたルートも楽しい遠回りドライブに変えてくれた“Rocks”。車から降りる際、ドアのスピーカーから漏れた“殺______ス”を聞いた知らない作業着姿の、どう見ても僕より戦闘力が高そうな兄ちゃんが笑顔でこちらを見ながら頭を振った気がしてみたり等、今後も暫く僕の人生の側で記憶を共有して行くサウンドトラックになりそうな一枚だ。PANTERAの“俗悪”以降、最もインファイト且つ奸悪なジャケットも高く評価したい。

 何よりSoccerBoy最大の魅力とは、モ____娘。をエレクトロ解釈したり、スカ解釈したりする柔軟な耳と斬新な発想力なんじゃないのかな。それらを養った最大の要因がNYCや2 Many DJs以前に、ヒップホップそのものだったということにようやく気が付いた。「あなたがわたしについて知りたいと思いながらあえてヒップホップに尋ねようとは思わなかったこと」という邦題を見るまで、それを気に掛けなかった自分が実は凄く悔しかったのは秘密。


___


トラックリストやお買い求め等、以下気の置けないレコ屋さんでどうぞ。

“何かけたっていいんだよ” - テクニーク
“驚異の縦横無尽セレクト、なのに、だから…” - JET SET?
“非常に楽しい内容となっております!” - TICRO MARKET
“今回もどこにも利益のでない” - FLAKE RECORDS
posted by Tarantula at 04:01| Comment(1) | TrackBack(0) | Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

Beat Tribe

県内一罰当たりな住職dkさんが満を持してNew Partyを始動します。彼がこれまでにUnBirthdayを通し体験してきた中、もう一度見たいゲストをブッギングしたそうで光栄です。ご存知Prahaの看板Party“Rock Steady”よりNAOKI先輩と、あちらこちら後ろから前から引っぱり凧のKORINちゃんに加え、12月は二度もクソを踏んだ(その内一回はこつぶちゃんという大層かわいいチワワのだから良いんだけど、もう一回の方の顔も知らない何者かのクソは許せねぇ!)強運の持ち主私Tarantulaという、言わば「町っ子 vs スラム育ち」的なマッチメイク。「やる前から負けること考えるバカがいるかよ」というアントニオ猪木の言葉を胸に、ひっそりと闘争心を燃やしつつ頑張りますので、窓際族の皆様も足下にお気をつけ是非お越し下さい。(あけましておめでとうございます。)


2011.01.08 (Sat)
BT [Beat Tribe]

at REGNO2
(長岡市坂之上町1-3-5ドルミー8番館ビルB1)

Open 22:00
Adv ¥1.500 / Door ¥2.000

■Special Guest DJ
NAOKI (NUEVA, Rock Steady)

■Guest DJ
Tarantula (time for livin)
KORIN (Sloth)

■DJ's
dk
manabu (HELLOS)
AIBA (村祭り)
nami (NOTE / 村祭り)
Take-T (smaile / infinity)
k.i.m (H.C.N)

■VJ
ENDO+α

posted by Tarantula at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Party info. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。